レーシック費用比較一覧表。安心できるクリニックは?

[HOME]
レーシック費用比較一覧表
お役立ち情報
おすすめクリニック
レーシック費用比較一覧表はこちら↓
著名クリニックの価格を術式別に一覧できます。使用機械や、手術実施地域の一覧、交通費補助情報もあります。

人気クリニックランキング

個人のブログなどに書かれている評判を元にして、レーシックを行なっている多数のクリニックの中から、下記の基準で特にお薦めできる医院を選定致しました。

 1 費用体系が明確である
 2 施術前の検査・相談態勢が整っている
 3 最新鋭の医療設備を備えている
 4 レーシックの経験が豊富な医師が在籍している

 この基準を満たしているクリニックの人気ランキングが下記の表ですが、あなたにとって一番合っている医院をあなたの条件に合わせて選んでみてください。

品川近視クリニック
  • 無料適応検査
  • 無料メール相談
  • 無料説明会

  • ☆世界No.1のレーシック症例実績。100万症例以上
    (2012年10月31日現在)
  • ☆世界最高峰の眼科学会で最優秀賞を受賞(2012年 ASCRS)
  • ☆最新・最高位のレーザー機器で全ての施術に対応
  • ☆充実の長期保障制度で術後も安心サポート
  • ☆痛み0を目指す取組み「痛み解消プロジェクト」
錦糸眼科
  • 無料適応検査
  • 無料メール相談
  • 無料説明会

錦糸眼科

  • ☆日本で初めてレーシックを行ったクリニック。
  • ☆1993年設立。視力矯正21年。安心の実績。
  • ☆常に最新で最高性能のレーザー機器を装備。
  • ☆熟練の専門医による正確で安全な治療。
神戸神奈川アイクリニック
  • 無料適応検査
  • 無料メール相談
  • 無料説明会

神戸神奈川アイクリニック芸能人

  • ☆世界最大のレーシックグループ・オプティカルエクスプレス(Optical Express)グループと連携
  • ☆全国9都市にクリニックを展開。海外でのアフターケアも可能。
  • ☆無期限&無料のアフターケア「トータルケア」
  • ☆ 高い安全性と効果を認められた最新機器のみを厳選して導入

適切なクリニック選び


品川近視クリニック
適応検査の丁寧さには定評があります

当サイトでおすすめNo.1にあげている品川近視クリニックでは、無料の適応検査を約3時間もかけてじっくりと行なってくれます

10項目にも及ぶ検査は、安全基準がとても厳しいため、危険があると判断された方は残念ながら施術を受けることができません。

こちらの医院で現在までに検査を受けられた方のうち、残念ながら施術を断られてしまった方の数は全体の1割にものぼるそうです。

「手術を断られる」なんて聞くと、冷たい印象をもたれるかもしれませんが、それは逆で、 これは患者の安全を最優先するがゆえの措置です。 手術ができなければ、そのぶん病院としては収入が減ってしまうことになるわけですから…。

 良いクリニックは適応検査の結果が悪い場合には、ちゃんと施術を断っています。なにがなんでも手術を勧めるクリニックは避けた方が無難でしょう

品川近視クリニックでは、忙しくてなかなか検査を受ける時間が取れないという方のために、10分ほどでできる準備不要の簡易検査(もちろん費用は無料)も行っています。レーシックを受けたいけれど不安があって迷われている方は、とりあえず気軽にこちらを受けてみて、お医者さんに疑問や質問を素直にぶつけてみると良いと思います。

 レーシックは最先端の機器と熟練の専門医の高度な医療技術を必要とする外科手術です。やっぱり医療ミスや副作用は怖いですからね、きちんと下調べをして、事前検査から施術・アフターケアまで万全を期してしっかりとやってくれるクリニックを選びましょう。

適応検査から手術まで、レーシックの一連の工程を見る

こちらの動画は品川近視クリニックが作成したもので、タレントのアンタッチャブル柴田さんが、実際にレーシックを体験する様子が公開されています。クリニックの内部やスタッフの方々の雰囲気なども見ることができるので、とても参考になると思います。

費用について考える前に、あなたにレーシックは必要ですか?

 レーシックも手術ですから、怖く思う人もいるでしょうね。でも、時間もわずかですみ、機器が進歩した今では、ごく一般的なものになってきました。

 方法は、レーザーを照射して、角膜をわずかμミリの単位で薄く削って、ゆがみをなくすのです。

 ここがレーシックを受ける上でのポイントです。

 もともと角膜の厚さが薄い方には施術が困難な場合が有りますし、
元の角膜が厚くても矯正の程度が大きい場合には、角膜を削る厚さが大きくなり、ゆがみを無くした結果は良い結果が得られても残った角膜が薄すぎると支障を来す場合が有るのです。

 ですから、施術を依頼する前に事前検査(適応検査)をしっかり行ってくれるクリニックを選ぶ必要が有ります

レーシックの費用はどのようにして決まるのか?

レーシック手術の費用には健康保険(社会保険)が適用されませんから、全額自費になります。

 安くなってきたとは言え、数万円から50万円台まで、かなりな負担です。

 施術料の他に検査やアフターサービスに費用がかかるクリニックもあれば、アフターサービス込みの所もあります。

 これだけ費用に幅がある理由は、主に術式の違いです。

 近視だけを治すのと、老眼・近視・乱視全てを治すレーシックカメラまで、種類が多く、自分がどれを利用したらよいのか、分かりづらいですね。

当サイトでご紹介している各クリニックではすべて、無料の適応検査を受けることができます。検査は無料であるにもかかわらず、2~3時間ほどをかけてじっくりと、綿密な検査をしてもらえます。

適応検査には専門医とのカウンセリングも含まれていますので、そこで担当医師と納得いくまで話し合い、不安や疑問点を解消し、本当に自分にあったレーシックの術式を決めることができます。

 多くの場合、複数の選択肢が示されると思います。その際、自分の希望をはっきりと伝えましょう。現在の角膜の厚さが普通より薄くても矯正の程度を視力2.0はいらない、1.2で良い、となれば、削る厚さが少なくてすむので、施術可能になります。

 ご自分の日常生活・職業等々、事情に合わせて手術するかどうか、どの術式で、どの程度までの改善を目指すのか、自分の意思を持って担当医とざっくばらんに相談なさってください

 その結果決まる料金が、あなたのレーシック費用になります。

裸眼生活の喜び

いままで眼鏡に頼ってきた方も、是非、裸眼生活の喜びを味わって下さい。

レーシック

眼鏡無しならスポーツも安全に出来ますから、芸能人だけではなくスポーツ選手も大勢レーシックを受けていますね。

>なぜ多くのプロゴルファーがレーシックを受けるのか

レーシックの費用とその価値

費用と手術の価値は、個人によって異なりますので、しっかりと検討しましょう。

最近は、雑誌でも電車の中でも、レーシックの広告を頻繁に見かけます。 施術を行うクリニックの増加と、矯正手術への人気が年々高まっている事にもよります。 日本人は、かなりの割合で、視力の矯正を必要としています。

そのため、メガネやコンタクトレンズを利用する方の割合が高くなっています。 日常生活にも、自動車の運転にも、一定の視力が必要です。 社会人でも、学生の方でも毎日忙しい日常で、メガネやコンタクトレンズを使用する事が負担と感じる場合を良く聞かれます。

そこで、最近では、視力矯正手術が徐々に普及し始めています。 レーシック手術は、施術前に一定の生活管理が必要となりますが、手術自体は日帰りで出来る事がほとんどなため、特別に入院などの負担がかからないのも魅力の一つです。 そして、手術後から視力が改善されている事を実感できるのも、手術に対して抵抗なく感じる点です。

しかし、レーシック手術の費用はその術式の内容によって、異なりますが、決して安くはないのが実際の所です。
そして、検査からすべてが保険適応外のため、事前に、しっかりとご自分の視力や目の状態を検査し、費用の面でも、レーシックにかかる費用を確認する事が大切です。

また、その費用が個人での生命保険の対象となる場合があるため、費用の点でもしっかりと確認すると、最終的なレーシックの費用が軽減される場合があります。

年齢によって視力の維持が異なる事がありますので、コンタクトレンズやメガネ利用での費用面の比較だけではなく、適正年齢なども考慮しながらレーシックの利点を検討しましょう。

レーシック

レーシック手術の費用の目安

 

レーシック手術というのは、簡単にいうと、眼球というレンズを少しけずって、レンズを通る光の屈折率をかえるようにすることです。

近視というのは、この屈折角が適性でないから起きることで、レーシックを行いその屈折角を少し変えてやるだけで、とんでもない近視の人でも視力1.5に簡単になります。

具体的には眼にある角膜とを削って形状を変えることで角膜の屈折力を変化させるのです。 実際にレンズをけずるかんなのようなものがあるわけではなくて、レ-ザ-を使って少しレンズのRをかえるのですね。だからレーシックの手術は、時間も非常に短い時間で終了します。 レーザーを使うことで、精度が物凄く上がり、手術自体も以前より容易になりました。

手術の費用は、その技術料ということが出来ます。 以前はドクターにより技量の差が歴然と有りましたが、エキシマレーザーが厚生労働省(当時の厚生省)にて認可され広がり、ドクターによる上手い下手というのが目立たなくなってきました。

一般的なレーシック手術の費用は、両目で10万前後の費用がかかると言うのが相場で、安いところでは8万円と言うところもあるようですが、あまり安いところは 衛生面で、設備の質を落としていることが想定されるので、避けるべきでしよう。 レンズの周辺は、ことのほか衛生面を保ち、雑菌が入らないようにしなければなりません。

いずれにしても健康保険の対象外なので費用は全額実費です。 それゆえ、ローン等を利用するということも考えるべきでしょう。 眼鏡とかコンタクトレンズの購入費用と比べて レーシック手術は、一生有効なので決して費用は高い買い物ではないと思います。